BLOG

バッティング

オリックス太田椋は未来のスター選手〜和製トラウト〜

こんにちは
BASEBALL FUTUREの
依田徹平です。

今回は昨日プロ初安打で初ホームランを
打ったオリックスの太田椋選手に
ついてお伝えをしていきます。

太田選手は天理高校出身で2018年のドラフト会議でオリックスから1位指名を受けたプロ2年目19才の選手です。当時ドラフトで初めて太田選手を知りましたがそのフォームをみた時にまず衝撃を受けたのを覚えています。

他にもプロ初ホームランを打った選手はたくさんいますしメディアに取り上げられている選手もたくさんいますが、普段私はそうした選手の記事を書くことはあまりありません。しかしこの選手だけは書かずにはいられないという魅力を感じ今回取り上げさせていただきました。

では何がそんなに素晴らしいのかと言うとまずは下半身の使い方です。当時から軸足への体重の乗せ方が一流選手と遜色なく良いタメを作ることができています。その結果左足をピッチャーのタイミングに合わせて強く踏み込むことができているのでタイミングを合わせつつ強いスイングができています。

タイプで言うと巨人の坂本選手や浅村選手と同じような足の使い方ができています。坂本選手はこの足の使い方をプロ入り後すぐにはできてはいませんでしたが、太田選手はプロ入り2年目ですでに習得しているという点にこれからの活躍への期待感が膨らみます。

次にバットの出し方です。
太田選手の良いところはバットのヘッドの扱い方が抜群というところです。バットのヘッドの重さをうまく使えるか使えないかでミート力や飛距離は大きく変わっていきますが太田選手はその扱いがとても素晴らしく、またバットを出す角度が良い為(ボールに対してバットを直角に出すことができている)飛距離も出やすくなっています。タイプでいうと現在メジャーで最高のバッターと言われるエンゼルスのマイク・トラウト選手に近いものがあります。(厳密にいうと違うタイプですが)
太田椋

他にもまだまだ理由はありますがこの2点だけでも注目をするには充分な逸材だと思っています。

これから活躍をするにはまずこの数少ないチャンスを活かしてレギュラーポジションをダッシュすることが必要となるでしょう。個人的には結果が出なくても我慢して1年間使うだけの価値がある選手だとは思いますが、やはりプロの世界はそう甘くはないのでチャンスを逃してしまうとすぐに違う選手にチャンスがいってしまいます。今一流選手となっている選手たちはそうしたチャンスを掴んできた選手たちなので太田選手にもそうした勝負強さが求められます。

またフォーム的な部分をいうと少し股関節の屈曲が弱く懐がやや浅く感じます。坂本選手や浅村選手を比較に出しましたが両選手と比べるとその点でまだ劣っていると感じるので今後どのようにフォームが変化していくのかが楽しみなところです。
太田椋

是非あなたも太田選手のこれからに注目をしてみてください。

SHARE

ブログ一覧

ホーム > ブログ > オリックス太田椋は未来のスター選手〜和製トラウト〜