BLOG

走塁

良いランナーとは?

こんにちは
新宿区マンツーマン野球レッスン
BASEBALL FUTUREの依田です。

あなたが思う良いランナーとはどのようなランナーでしょうか?今回はランナーに必要な3つの要素をお伝えしていきます。

目次

良いランナーとは?

得点力を高めるための武器としてランナー一人一人の走塁技術は重要です。では良いランナーとはどのようなランナーのことを言うのでしょうか?おそらく多くの人が足が速い選手が良いランナーだと思っていると思います。もちろん足が速いに越したことはないのですが、良いランナーとは必ずしも足が速くある必要はないのです。そのポイントとなるのは「予測能力」「瞬時の状況判断能力」「相手へのプレッシャー」の3つです。

予測能力

まず良いランナーとして重要なことは次に起こりそうなプレーの予測を行うことです。この予測により次のプレーにおいて正しい判断をする確率が高まります。ここで予測すべきことはまず打球ごとに自分が進塁をするのか?帰塁をするのか?タッチアップをするのか?ということです。この判断は塁状況やアウトカウントさらには試合展開によっても変わってくることでしょう。また相手の守備位置や選手個々の守備範囲、肩の強さ、利き腕などをよく観察することで予測は立てやすくなってきます。正しい判断をするためにもプレーの前にあらゆる場面を想定して予測を立てておきましょう。

瞬時の状況判断能力

先ほど予測が大切と言うことをお伝えしましたが、野球のプレーでは予測もつかないことがたまに起こります。例えば思わぬ相手のエラーや味方のランナーの暴走さらには打球もある程度大雑把には予測が可能ですが強さ、打球方向、打球角度など全てを予測しきることは不可能です。そのため思いも寄らない打球が飛ぶこともあるでしょう。こうした時に必要なことは瞬時の状況判断能力です。例えばキャッチャーからピッチャーへの返球が逸れた時、瞬時に次の塁へスタートを切って間に合うかどうかを判断し間に合いそうであればスタートを切る必要があります。しかしこの判断が遅ければせっかくの進塁チャンスを逃してしまうことでしょう。こうした判断に必要なことは自分の足と相手のプレーを計算する能力です。ボールの勢いや方向、守備の中で一番ボールに近い選手の体勢や能力、そして自分の足の速さと次の塁までの距離。この判断材料を全て整理して一瞬のうちにスタートを切らなければいけません。ではこうした判断能力を鍛えるためにはどうすれば良いのかというと、それは積極的にチャレンジをすることです。練習や練習試合などでは少しでも隙があると思えば暴走でも良いので次の塁を狙うようにしましょう。そこでアウトになるのか、セーフになるのかを知ることができます。こうした経験が大切な試合での好走塁に繋がっていくのです。

昨年の甲子園、ある試合で無死ランナー一塁の状況でバッターがバントを失敗しキャッチャーファールフライを上げてしまいました。キャッチャーを素晴らしい反応で打球に飛びつきバッターをアウトにしました。普通であればナイスプレーで終わりですが、これを見た一塁ランナーはキャッチャーが飛びついて捕球をした瞬間にタッチアップを狙って2塁へとスタートを切り見事セーフとなりました。この好走塁により結果的にバントが成功したのと同じ状況になりチームやバッターを救う形となりました。おそらく一塁ランナーはプレーの前にここまでの予測はしていなかったと思います。しかし、フライがバックネット方向に上がりキャッチャーが飛び込んだのみてタッチアップができると瞬時に判断をすることができたのは今までのランナーとしての経験が活かされたのだと思います。

相手へのプレッシャー

最後に重要なことは相手へのプレッシャーです。相手バッテリーからするとランナーがいるというだけである程度のプレッシャーを感じることでしょう。その結果配球が直球系に偏りバッターが打ちやすくなったり、牽制が増えることで相手がミスをする確率を高めることができます。さてでは相手にプレッシャーをかける方法はいくつあるでしょうか?その方法は大きく分けて2つあります。1つ目は足の速さです。相手に足が速いということをアピールできていればそれだけで勝手に警戒をしてくれます。2つ目はリードです。足の速さはすぐに変えることができませんがこのリードは今すぐにでも変えることができます。いつもより大きめのリードをとりつつも帰塁を意識することで投手からの牽制を引き出す方法と、投球後の第二リードを大きくとることで捕手からの牽制を引き出す方法があります。第二リードを大きく撮る場合は空振りなどで絶対に飛び出してしまわないことに注意をしましょう。


まとめ
足が速いに越したことはありませんがそれ以外にも良いランナーとなる方法はいくらでもあります。まずは状況に応じて正しい判断ができることを目指しましょう。

SHARE

ブログ一覧

ホーム > ブログ > 良いランナーとは?