BLOG

ピッチング

投手を指導する上で気をつけたいこと

こんにちは
新宿区マンツーマン野球レッスン
BASEBALL FUTUREの依田です。

投手の指導において注意をしなければいけないことについてお伝えをしていきます。これを知らなければもしかしらたその選手の可能性を潰してしまいかねません。

目次

投手を指導する上で気をつけたいこと

バッティングや守備、走塁など野球では様々な技術を身につけなければいけませんが、その中で最も指導者が注意をしなければいけにのはピッチングの指導です。なぜならばピッチングはバッティングとは違い単純な力の発揮だけではなく繊細なコントロールも求められ、下半身と上半身の動きのバランスが少し崩れるだけで最悪の場合ボールを投げられなくなってしまう恐れがあるからです。

大げさに思うかもしれませんが実際にプロの世界でもこのようなことは起こっているのです。その原因は指導者の教えすぎに問題があるのかもしれません。その中でも最もやってはいけない指導は上半身、特にテイクバックを過度に修正してしまう指導です。

テイクバックの指導は危険

ピッチングにおけるテイクバックとは足を上げてからボールを投げるために腕を2塁へ方向へと引く動きです。ここからトップを作りリリースへと持っていくのですが、この流れの中で肘が低かったり、体から腕が離れすぎてしまったりすると場合によってはパフォーマンスが上がらなかったり、怪我につながってしまったりします。

それがわかっている人はその部分を修正させようとしてしまうのですが、この時に腕の感覚だけでフォームを修正しようとすることはとても危険です。その理由はピッチングの動作は常に下半身から上半身までの連動で成り立っているからです。しかもその動きを今までほぼ無意識で行っているはずなので、意識してフォームを修正しようとするとフォーム全体のバランスが崩れていき気がつけばボールが投げられなくなってしまうのです。

では最初のフォームに戻せば良いと考える方もいるかもしれませんが、厄介なことに一度崩れたフォームを治すことはそう簡単ではないのです。なぜならば先ほども言った通り今まで無意識にできていたことなので、一旦フォームが崩れた時点で元のフォームを体は忘れてしまうからです。

選手の感覚を大切にしてあげる

ではどのように指導をするべきか?それは過度な矯正を強いる修正をせず、選手の感覚を大切にしてあげることです。っ選手の感覚は様々で真上から振り下ろす感覚で投げる選手もいれば、体を横に回転させて投げる方が良いという選手もいます。そうした感覚は無意識のうちに自分が最も力を入れやすいパワーポジションである可能性が高いです。

そのパワーポジションを指導者の経験則や一般的な考え方だけで矯正してしまうと力が入らなくなり投げれれなくなってしまうのは当たり前だと思います。
もちろんだからといって全く修正が必要ないということはありませんが投げ方にも色々と種類やタイプがあり正解がないため選手によっては一見肘が下がっていても、インステップになっていても、体から腕が離れすぎていてもその方が良いということが考えられます。そうした「個性」や「感覚」をしっかりと選手個々に理解をした上でフォーム改善に取り組むことが大切です。


「自分はこうだったから」「あの選手がこうだから」と指導してしまうとその選手がその投げ方に合わなかった時、取り返しのつかないことになってしまいます。こうなってしまわないためには指導者は「この選手はこうしている」「あの選手はこういう感覚で投げている」といったバリエーションや引き出しを多く持っておき選手に提案してあげ、その上で選手にあった投げ方を一緒に作り上げてあげることが良いでしょう。

あなたも投手を指導するときは「これはダメ」とか「こうしなさい」といった視野の狭い指導をしないように心がけましょう。

Ps
上半身に対する指導はとても難しく効果が薄いため私はあまりオススメしません。(もちろん必要な場合もあります)しかし下半身への指導は全体的なバランスも崩れにくく大きな効果が期待でき、結果的に上半身も無意識のうちに良い方向へ進むことが多いです。

SHARE

ブログ一覧

ホーム > ブログ > 投手を指導する上で気をつけたいこと