BLOG

バッティング

初心者向けバットにボールが当たらない選手へ

こんにちは
新宿区マンツーマン野球レッスン
BASEBALL FUTUREの依田です。

野球を始めたばかりの選手は最初のうちバットをいくら振ってもバットにボールが当たらないということがあります。こうした時の対処法をお伝えしていきます。

目次

初心者向けバットにボールが当たらない選手へ

野球を始めたばかりでもいきなりバットにボールが当たるという選手もいれば前から投げたボールもトスで上げられたボールも全くバットにボールが当たらないという選手もいます。そうした選手がミート率を高めるためにできる対策をご紹介していきます。

まずはボールを掴むところから

ボールを打つ前にまずやっていただきたいことは素手でキャッチする練習です。1〜2mほど離れたところから左右にボールをトスしてあげてそれを片手で捕球していきます。なぜこのような練習をするのかというとボールを打つためにはまず目でボールをみてボールの軌道を確認したり予測したりする能力が必要だからです。また予測したポイントに正確に手を出すことができるかも重要です。バッティングがうまくいかないという選手はまずこうした基本的な能力を高めなけれあばいけません。

なぜならば体の一部である手で動いているボールをキャッチすることができなければバットでボールを打つことは到底できないからです。そのためまずは正確に素手で捕球が出来るようにトレーニングをしていきましょう。

ノーステップで打つ

ボールが当たらない原因の一つとして体の軸が動き過ぎてしまうことが挙げられます。もちろん体重移動は必要ですが体の軸が無駄に動きすぎてしまうとボールとの距離感が安定しなかったり、そもそもバットが速く振れなかったりしてしまいます。良く言われる体の突っ込みも同様の理由から良くないと言われています。

そうした体の軸のブレを防ぐためにまずは両足を地面に固定してスイングを行うノーステップ打法を試してもらいたいと思います。最終的には足を上げていくことが理想ですが最初のうちはボールに当てる感覚を掴むためにノーステップを試してみましょう。ノーステップにすることで体はブレづらくなるので初心者でも比較的バットにボールを当てやすくなると思います。

バットの重さを変える

どうしてもバットにボールが当たらない場合バットが重すぎたり軽すぎたりすることが原因かもしれません。重すぎる場合は自分の思ったところにバットを出すことができないので目でボールの軌道を予測できていてもバットにボールを当てることができません。こうした時には少し軽いバットを試してみましょう。

逆に軽すぎるバットを使っている場合は想像よりもバットが速く出てしまうためミートのタイミングが合いません。これを防ぐためには少し重めのバットを使ってもらうことも良い対策となります。

SHARE

ブログ一覧

ホーム > ブログ > 初心者向けバットにボールが当たらない選手へ