BLOG

中学野球

目先の結果を求めるか?その先を目指すのか?

こんにちは
新宿区マンツーマン野球レッスン
BASEBALL FUTUREの依田です。

春の野球シーズン開幕に向けて冬のトレーニングから徐々に実戦を想定した練習となってくるこの時期ですが、なかなか結果が出ないと焦ってしまってはいませんか?実はそうした目先の結果にとらわれ過ぎてしまうとあなたの状況によっては結果的に将来の可能性を潰してしまうことになりかねません。あなたは大丈夫でしょうか?

目次

目先の結果を求めるか?その先を目指すのか?

中学生の場合はまだそこまで焦るということはないかもしれませんが高校生の場合は今の時期自分がベンチに入れるのか?レギュラーを取れるのか?ということに頭がいってしまいます。確かにベンチに入れないよりも入れた方が良いですしレギュラーも取れた方が良いでしょう。しかしそのための取り組みとして今だけの結果を求めてしまうことにはリスクがあるのです。少し例を出して考えてみましょう。

高校1年生の場合

あなたが高校1年生の場合、夏に3年生が引退し秋から新チームがスタートしベンチに入ったりレギュラーをとったりするチャンスが広がります。しかし実力的にまだ足りていないことがある場合それを修正して結果を出せる状態にする必要があります。そのためには時には大きなフォーム変更や練習方法の変更が必要となるでしょう。そうなってくると大切なのは時間の使い方です。大きなフォーム変更を1ヶ月や2ヶ月そこそこで成し遂げて結果を出すことができるでしょうか?おそらくそう簡単にはいかないことでしょう。
当然それが分かっているからこそ現状のままでなんとか「今」結果を出そうとするのですが、今まで結果が出ていないのであれば何かを変えない限り結果がついてくることはありません。

そういった高校1年生に提案をしたいことは冒頭でも話したように焦って結果を求めてしまわないことです。もちろん努力をする必要はありますが、付け焼き刃の方法ではなくじっくりと現状を分析しどのようにすれば結果が出るようになるのか?どのような改善方法があるのか?ということを考えて充分に長い期間をかけてそれを実行してもらいたいと思います。つまり春を目指すわけでも夏を目指すわけでもなく新チームが発足する夏終わりからの活躍を想定して万全の状態を作り上げていってほしいと思います。

仮に今のまま焦って結果を求めて大きな変化もないまま8月を迎えてしまうことを想像してみてください。もしかしたらあなたにはレギュラーどころか背番号もないという可能性があります。そうなってしまわないために自分にはまだレギュラーとして戦う技術や体が整っていないと判断できるのであれば焦らずにまずは自分を見つめ直して方針を決めることから始めてほしいと思います。

高校2年生の場合

高校野球

学年が変わってしまうとさすがに先ほどと同じようにというわけにはいきません。やはり新3年生には時間がありません。そのためある程度春に結果を出すことが求められるでしょう。ですがそれでも焦りは禁物です。ピッチャーの場合であればこの寒い時期にまだ万全の状態とはいかないと思います。また肩や肘に違和感があるということもあるでしょう。そういった時にはやはり焦らずに調整をしていき最悪でも夏にピークを持ってくるというように考えることも大切です。最悪のケースは違和感があるまま無理してボールを投げ続けてしまい結果故障をして春も夏も投げられずに引退してしまうことです。

小学生や中学生の場合

小学生や中学生の場合ははっきりいって結果を気にする必要はほとんどありません。小学校で全国制覇をしても中学生で全国制覇をしても高校で活躍できるとは限りませんしプロに入れるわけでもありません。もちろん活躍するに越したことはないのですが、目先の結果だけを追い求めてしまうことはとても危険です。例えば本気で小学生や中学生を勝たせたいのであれば簡単です。毎日のようにハードな練習をさせて身体、技術ともに無理やり成長をさせることです。高校野球とは違い周りはそれほど練習をしていないのでこの方法だけである程度は勝ててしまうでしょう。

しかし、その代償として小学生や中学生にして体はボロボロとなっているかもしれません。もしそれでも良い小学生や中学生で野球は終わりだと割り切っているのであれば問題はありません。ですがおそらくほとんどの保護者や指導者はそれを望んでいないことでしょう。

本当に将来のことを見据えているのであれば目先の結果を追うのではなく選手一人一人のピークをどこに持っていきたいのかを考えた上での指導が必要です。例えば柔軟性の確保や運動神経の向上、充分な休養を与えて身体を大きくさせてあげる。また技術面においても将来を見据えたスケールの大きい指導が大切となるでしょう。

SHARE

ブログ一覧

ホーム > ブログ > 目先の結果を求めるか?その先を目指すのか?